銀座近視クリニック ≫ 施術内容紹介

iFSアイレーシック≫ 適応検査無料

※2012年8月1日に「銀座近視クリニック」は「SBC新宿近視クリニック」に合併統合されました。

向いている人 角膜のゆがみが大きく、通常のレーシック不可の人(特に、乱視が強い人向き)
施術内容 ビジックス スター S4 IRとIntralase iFS(イントラレースiFS)を使用した、フルオーダーメイドのレーシック。

近視・乱視が強い人でも可能な上、フラップ作成も安全かつ正確。見え方の質を格段に向上させられる上、術後の夜間視力も大幅に改善できるなど、メリットが大きい。 また、手術直後におこる夜間の見えづらさや、光をまぶしく感じる現象(ハロ、グレア)を、大幅に軽減することが可能である。

<iFSアイレーシックとは>

iFSアイレーシックとは、Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)という技術をベースにした、屈折矯正手術である。人それぞれで異なる眼球の虹彩模様の特徴を把握し、検査時に測定した位置と、手術時に測定した位置とを合わせることで、レーザーを照射する位置を、正確に合わせることができる。 同院のiFSアイレーシックは、オーダーメイドのフラップ作成が可能なイントラレースiFSレーザーと、オーダーメイドのエキシマレーザー照射が可能なビジックスを組み合わせた、フルオーダーメイドのレーシック治療である。これにより、患者個々人に合った、最適な見え方の追求が可能となった。

<オーダーメイドなレーザー照射とは>

人間の眼には、個人個人で異なる高次収差(不正乱視)がある。これは、光学的な”ひずみ”のことである。Advanced CustomVue(アドバンスド・カスタムビュー)では、このひずみを測定し、患者個々人の眼に合わせたオーダーメイドなレーザー照射を行なうことができる。

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ