神奈川アイクリニック ≫ 施術内容紹介

ウェーブフロントエピレーシック≫ 適応検査無料

※神奈川アイクリニック(旧:神奈川クリニック眼科)の施術内容詳細です。現在の「神戸神奈川アイクリニック」の施術内容に関しましては公式サイトをご確認ください。

向いている人 眼に打撃を受ける可能性のある格闘技などのスポーツをする人/近視・乱視の度合いに対して角膜が薄い人
施術内容 エピケラトームで、通常のレーシックよりも薄いフラップを角膜上皮に作成し、エキシマレーザーで屈折を矯正する。最終的にフラップ自体が消失するため、術後に強い打撃を受けても、フラップがずれる危険がなくなる。

また、フラップを薄く作成するため、レーザーによって削られる角膜の厚みと強度を十分に確保しやすいというメリットがある。このため、通常のレーシックでは角膜の厚さの問題で施術を受けられなかった人も、適応となりやすい。
なお、同院では施術を専用クリーンルームで行ない、高い安全性を確保している。手術時間は、クリーンルームへの入室から退出まで、両眼で約10分、片眼で5分程度。視力回復のスピード自体は、他のイントラレーシックより遅めである。

【施術の流れ】

  • 1・眼内を洗浄・消毒し、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔

  • 2・開瞼器でまぶたを固定し、専用器具で角膜上皮にマーキング(フラップをもどす時のため)

  • 3・エピケラトームで、薄いシート状のフラップを角膜上皮に形成

  • 4・フラップをめくり、角膜実質層にエキシマレーザーを照射し、屈折力を矯正

  • 5・洗浄・消毒後、マーキングに従ってフラップを元の位置にもどす(のちに、自然に接着される)。

  • 6・全体をきれいに洗浄し、薄い上皮細胞保護用の治療用コンタクトレンズを装用する

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ