神戸クリニック ≫ 施術内容紹介

アイレーシック≫ 適応検査無料

※神戸クリニックの施術内容詳細です。現在の「神戸神奈川アイクリニック」の施術内容に関しましては公式サイトをご確認ください。

向いている人 従来のレーシックよりも、さらに鮮明な見え方を希望する人
施術内容 患者個々人の目の状態に合わせて、すべてをカスタムメイドで治療する、高品質のレーシック。従来のレーシックにくらべ、高次収差を取り除くことで見え方の質を向上させるとともに、夜間の見え方も向上させることができる(個人差あり)。ちなみに同院はアイレーシック症例数国内1位であり、豊富な経験を誇っている。
神戸クリニックのアイレーシックには、以下のような特長がある。

<質の高い見え方の提供>

アイレーシック(iLASIK)では、患者個々人によって異なる角膜のわずかなゆがみをも矯正可能である。そのため、単なる視力の向上にとどまらず、見え方の質をも格段に向上させることができる。

<術後の夜間の見え方の改善>

他の視力矯正手術では、術後に視力自体は回復しても、夜間に見えづらさやまぶしさを感じるケースがあった。しかしアイレーシックではこれを大幅に改善。術後に「夜間視力が改善された」と答えた人の割合は、他の視力矯正手術の4倍となっている(アメリカAMO社・社内資料より)(個人差あり)。

<高性能な3つの機器を使用>

同院のアイレーシックでは、患者個々人の眼の状態を正確に計測するウェイブスキャン(WaveScan)、精密なレーザー照射を可能としたスター S4 IR(Star S4 IR)、それに安全で精度の高いフラップを作成が可能なイントラレース FS60(IntraLase FS60)を使用している。これら3つの高性能な機器と同院の検査技術および照射技術が組み合わさることで、ハイレベルな治療を実現させている。
 (なお、同院では、フラップ作成からレーザーによる矯正までを、厚生労働省承認の機器によってのみ行なっている)。

<個々人に合った最適な照射プログラムをデザイン>

人間の目の角膜の形状は各人で異なっているため、本来であれば、各人の眼に合わせた照射プログラムが、そのつど、必要である。  しかし、従来は、あらかじめ用意された複数の照射パターンから、患者の眼に近いものを当てはめて治療を行なってきた。  それに対し、アイレーシック(iLASIK)では、レーザー照射パターンを「当てはめる」のではなく、「個々人の眼に合った、最適なレーザー照射プログラムをデザイン=カスタマイズ)して」提供している。そのため、視力回復はもとより、メガネ・コンタクトレンズや従来の施術では矯正できないほどのわずかなピントのずれ(=高次収差)を取り除くことが可能となり、「見え方の質」までをも改善できるようになった。

<米国国防総省とNASAが承認した唯一のレーシック>

米国防総省によって戦闘機パイロットへの使用が、また、NASAによって宇宙飛行士への使用が承認されているのがアイレーシックである。

なお、米国防総省によれば、アイレーシックを受けたほぼ全ての海軍パイロットにおいて、航空母艦への着地能力と射撃性能の向上が確認されており、アイレーシックの優秀性を証明する結果となっている。

<アイレーシック国内症例数ナンバーワン!>

同院は、2009年1月、「アイレーシック(iLASIK)症例数No.1アワード」をAMOジャパンから受賞した。それほどアイレーシックに関しては経験豊富な医院であり、よい成果が期待できる。また、他院でアイレーシック不適と判断された場合でも、同院では可能と判断される場合もあるため、他院でアイレーシック不適と診断された人にも、アイレーシックを受けられる可能性がある。

<ウェイブスキャンとは>

ウェイブスキャンとは、患者個々人の角膜のゆがみを解析し、オリジナルのデータを作成するための機器である。 同院が導入しているAMO社の「ウェイブスキャン(WaveScan)」は、「ウェイブフロント(Wavefront)理論」を忠実に再現することが可能で、患者個々人の角膜のゆがみに合わせたオリジナルの照射プログラムを作成することができる。

具体的な手順は以下の通りである。

1・角膜の約240ポイントから、低次収差と高次収差のデータを測定する。 (ハルトマンシャックセンサー使用)
2・検査精度は、通常の検査手法の25倍である。 (0.01D単位の視力矯正)
3・測定データをフーリエ解析で、照射プログラムに変換する。
4・この照射データは、患者個々人の角膜のゆがみに合わせて作られており、同じものは存在しない。オーダーメイドの手術と呼ばれるゆえんである。

ちなみに「ウェイブフロント」とは、天体観測技術に由来している。
かつて、天体望遠鏡で宇宙を観測したときに、大気のゆらぎの影響によって、星や天体がゆらいで観測されることがあった。そのため、このゆらぎを打ち消して、天体を鮮明に観測する技術が開発された。これが「ウェイブフロント」であり、「ウェイブスキャン」はこの技術を応用したものである。

また、アイレーシックにおいては、測定データを照射プログラムに変換する際に、これまでのゼルニケ解析ではなく、より精度と再現性に優れたフーリエ解析を用いているため、結果の更なる向上が期待できる。

なお、「ウェイブフロントレーシック」には2種類あるが、同院で採用しているのは「ウェイブフロントガイデッドレーシック」と呼ばれる。もうひとつの「ウェイブフロントオプティマイズドレーシック」にくらべると、患者個々人の眼の状態に合わせて作成した照射プログラムによって矯正を行なうオーダーメイドな施術である点と、矯正精度の高さ(「ウェイブフロントオプティマイズドレーシック」の25倍!)が特長である。

<イントラレースFS60とは>

同院では、イントラレースFS60のフェムトセカンドレーザーによってフラップ作成を行なっている。

フェムトセカンドレーザーの特長としては、以下のようなものがある。

フェムトセカンドとは、1000兆分の1という単位のことである。瞬間的なエネルギーでレーザーが照射されるため、痛みがなく、熱も生じない。実際の施術においては、角膜の設定した深度に、レーザーのパルス波を照射することで、気泡を生じさせる。その気泡を並べることで、空気の層を作り、フラップの切断面を作成することが可能となる。

なお、フラップ作成の際の角膜に対する深さはコンピューター制御されるため、全く安全に正確な厚さのフラップを作成することができる。これにより、安全性と視力回復率が大きく改善された。また、施術の精度自体も向上している。

レーザーのコンピューター制御によって、フラップの形状は円形となり、均一でムラのない、なめらかな切断面の形成が可能となった。

また、フラップ作成時に照射するエキシマレーザーは水を苦手としているのだが、レーザーによるフラップ作成では水を使用しないため、エキシマレーザーによる角膜切除の精度も向上している。

<スター S4 IRとは>

ウェイブスキャンによって作成された、患者個々人の眼の状態に合わせた照射プログラムを活かすには、精密なレーザー照射が不可欠である。アイレーシック(iLASIK)で使用するエキシマレーザー、スター S4 IR(Star S4 IR)には、精密な照射を行うために、以下のようなさまざまな機能が備わっており、良好な結果が期待できる。

・アイリス・レジストレーション

アイリスとは、眼の虹彩のこと。人間の眼において、アイリス(虹彩)と瞳孔(ひとみ)は目の中に入る光の量を調整し、カメラの絞りの役割をする。  通常、検査をする時は座った姿勢だが、そのとき重力は下向きに働いている。一方、手術をする時は、仰向けに寝た姿勢で、レーザーの照射を受ける。このとき、患者が仰向けに寝ているため、重力は頭の後ろ側に向かって働くことになる。 つまり、検査時と施術時で、眼に重力が働く方向がちがうのである。 この重力の方向のちがいの影響によって、平均で2.2度ほど、眼は回転する。この約2.2度のちがいは、術後の見え方の質に大きく影響する。 したがって、レーザーを予定の位置に正確に照射するためには、重力による影響の補正を行う必要がある。検査時に撮影したアイリス(虹彩)と、手術時に撮影した虹彩を照らし合わせることで、自動的にズレの補正を行う機能が、アイリス・レジストレーション(Iris Registration)である。

・3Dアクティブ・アイ・トラッカー

スター S4 IR(Star S4 IR)には、3Dアクティブ・アイ・トラッカーという、眼球の自動追尾機能が備わっており、手術中の患者の眼の動きを追尾しつつ、レーザー照射を行なうことができる。手術中に眼球が大きく動いた場合は、自動的にレーザー照射を停止する安全機能も備わっている。この機能により、患者は、「絶対に目を動かしてはいけない」という過度の緊張から解放され、リラックスした状態で手術を受けられるようになった。

・フラットトップビーム

スター S4 IR(Star S4 IR)のエキシマレーザーは、フラットトップビームという種類である。フラットトップビームは細かい加工が得意なため、より精密な施術が期待できる。

・VSS(Variable Spot Scanning)

スター S4 IR(Star S4 IR)のエキシマレーザーは、直径0.65mm~6.5mmまで。
レーザーの太さを変えながら照射することが可能である。 これにより、細かく繊細な施術が可能となる。角膜の凹凸は髪の毛ほどの細かいレベルなので、VSSは、複雑な形状の角膜の矯正を行なうために、非常に有効な技術ということができる。


・VRR(Variable Repetition Rate

VSSテクノロジーによって、照射時にレーザーの太さを変化させることが可能となった。レーザーの太さが変化するということは、照射されるエネルギー量も変化するということである。エネルギー量が変化すれば、当然、照射される角膜表面の温度も変化するが、これは望ましいことではない。 VRRとは、6~20Hzまでパルス速度を調整することで、レーザー照射時の角膜表面の温度を一定に保つ技術である。角膜の温度をコントロールできるため、安全性を向上させることができる。

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ