神戸クリニック ≫ 施術内容紹介

イントラレーシック≫ 適応検査無料

※神戸クリニックの施術内容詳細です。現在の「神戸神奈川アイクリニック」の施術内容に関しましては公式サイトをご確認ください。

向いている人 角膜が薄くてレーシックが受けられない人
施術内容 コンピューター制御のフェムトセカンドレーザーでフラップを作成。角膜にエキシマレーザーを照射することで屈折を矯正し、視力を回復させる。安全性も高く、目への負担が軽い。また、角膜除去精度も向上している。
角膜が薄いという理由で、従来のマイクロケラトームによる手術を受けられない人でも、イントラレーシックなら適応となるケースが多い。そのため、角膜が薄いという理由で、従来のマイクロケラトームによる手術を受けられなかった人におすすめである。  その他の特長としては、以下の2点が挙げられる。

レーザーを使った、安全で正確なフラップ作成

レーザーによってフラップを作成するため、切断時における角膜のゆがみが少なく、安全性の高いフラップ形成が可能である。また、熱や痛みも伴わないので、患者の負担も従来より軽減されている。
レーザーを使うことで、患者の角膜に最適の、均一で薄いフラップを作成することができる。施術の際に、フラップの角膜周辺部は直角に近い角度で切断されるため、フラップの強度が高く、ずれにくいのが特徴である。

なめらかな切除面を形成

コンピューター制御されたレーザーでフラップを作成するため、形状は完全な円形となり、均一でムラのない滑らかな切除面をの形成が可能である。
フラップ作成時に、エキシマレーザーが苦手とする水を使わないため、レーザーでの角膜切除精度も向上している。

【施術の流れ】

  • 1・点眼薬で麻酔

  • 2・イントラレースで角膜表面を削り、フラップを作成する

  • 3・フラップをめくる

  • 4・エキシマレーザーを照射して、角膜の屈折を矯正し、近視・乱視の治療を行なう

  • 5・フラップを元通りにもどす

  • 5・フラップを自然に接着させる

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ