神戸クリニック ≫ 施術内容紹介

カスタムビューレーシック≫ 適応検査無料

※神戸クリニックの施術内容詳細です。現在の「神戸神奈川アイクリニック」の施術内容に関しましては公式サイトをご確認ください。

向いている人 特になし
施術内容 患者個々人の眼の状態に合わせて、レーザーの照射データをカスタマイズし、 眼鏡やコンタクトレンズでは得られなかったPersonal Best Vision(最適視力)を実現する、レーシックのオプション・コース。その他の点についてはレーシックと同様。

<カスタムビューとは>

角膜は、患者個々人で、その形や厚みが異なっている。
カスタムビュー(CustomVue)では、その患者だけのオリジナル照射プログラムを作成することで、メガネやコンタクトレンズ、さらにはこれまでのレーザー視力矯正でも困難だった角膜のわずかなゆがみまでをも矯正することが可能である。
視力だけでなく、「見え方の質」までも向上させる医療技術がカスタムビュー(CustomVue)ということができる。
(「見え方の質」とは、遠くを見る際のゆがみの少なさなどのことである。同じ視力でも、「見え方の質」が高い方が視界はクリアになる)。
また、カスタムビューを受けた人の99.4%が、1.00以上の視力回復を果たしている(※一ヶ月以上経過後の検診結果)。
カスタムビューの主なメリット、デメリットは以下の通りである。

・カスタムビューのメリット

・通常のレーシックとくらべ、同じ視力1.5に回復した場合でも「見え方の質」がより向上する。
・通常のレーシックとくらべ、光のにじみを抑えられるため、夜間のハロ・グレアの発生を抑えることが可能。
・再治療発生率を低く抑えられる。

・カスタムビューのデメリット

・角膜の切除量が多くなる場合がある。
(元々、十分に厚みがある人にとっては、特に問題とはならない)。

また、カスタムビューに使用されるウェイブスキャンとスター S4 IRの特長は、以下の通りである。

<ウェイブスキャンとは>

ウェイブスキャン(WaveScan)による検査では、網膜に当てた光の反射に生じる『ゆがみ=波面収差(Wave-front Aberration)』をセンサーで感知して、近視、乱視、遠視といった「屈折異常」と、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できないレベルの微細な「ピントのボケ(=高次収差)」を精密に計測する。この検査の正確性は、メガネやコンタクトレンズを作る際に行われる検査方法の約25倍である。
 次に、計測した精密なデータを元にして、フーリエ解析という技法で、その患者に特有の「屈折異常」と「ピントのボケ」を補正するための、オリジナル照射プログラムを自動的に計算する。この照射プログラムに基づいてレーザー照射を行なうのが、スター S4 IRである。

<スター S4 IRとは>

ウェイブスキャンによる照射プログラムに基づいて正確かつ精密なレーザー照射を行なうのが、スター S4 IR(STAR S4 IR)である。


スター S4 IRの主な特長は、以下の通りである。

・Iris Registration(アイリス・レジストレーション)

検査時の座った姿勢と、手術時の仰向けの姿勢では、重力の影響により、眼球の位置が平均で、2.2度ずれることになる。Iris Registrationは、検査時と手術時の角膜の虹彩模様を照らし合わせ、瞬時にレーザー照射角度の補正を行なうことができる。

・3D Active Track

この機能により、レーザー照射中の眼の動きを、縦横方向だけでなく、前後の動きも含めて立体的に捕捉し、眼の動きを追尾してレーザーを照射することができる。眼の動きが一定範囲を超えた場合には、自動的に照射を停止する安全装置も備えている。

・VSS(Variable Spot Scanning)

レーザーの照射径の大きさを、0.65mm~6.5mmの範囲で変化させながらレーザー照射することで、角膜への負担を軽減するシステムである。広い面を切除する際には、大きな照射径で照射時間を短縮し、より細かい切除をする場合には、照射径を小さくすることで、複雑な形状の角膜を正確に矯正することができる。

【カスタムビューの流れ】

  • 1・WaveScan Wavefront Systemによる検査

    眼鏡やコンタクトレンズで矯正できないような、細かなレベルのゆがみまで、角膜を精密に計測する。

  • 2・照射プログラムの作成

    WaveScanの検査データにもとづいて、照射プログラムをカスタマイズする。
    あらかじめ用意された照射パターンから選択するのではなく、その患者に最適な、オリジナルの照射プログラムを作成する。

  • 3・スター S4 IR(STAR S4 IR)によるレーザー照射

    カスタムビュー(CustomVue)の実現には、精密なレーザー照射が必要である。
    複雑な形状の切除はもちろん、検査時の姿勢と手術時の姿勢のちがいから発生する誤差を補正するプログラムや、正確な眼球のトラッキング技術を備えたスター S4 IR(STAR S4 IR)を使用して、1・2の結果を活かした、精密な施術を行なう。

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ