神戸クリニック ≫ 施術内容紹介

レーシック≫ 適応検査無料

※神戸クリニックの施術内容詳細です。現在の「神戸神奈川アイクリニック」の施術内容に関しましては公式サイトをご確認ください。

向いている人 特になし
施術内容 レーザーを角膜の適切な場所に照射することで、目の角膜の形を変化させる治療法。角膜の形が変われば、目の屈折力や屈折の仕方自体が変わるため、結果として視力を向上させることができる。

<レーシックとは>

眼の構造は、基本的にはカメラと同じである。

カメラも眼も、先端部分にある二つのレンズ(眼の場合には、角膜と水晶体)を通じて光が集められ、中心に向かって光が折れ曲がり(=屈折)、眼の後部にある網膜というフィルムに映像が映し出される。


正常な眼では、眼に入った光は、網膜でちょうどピントが合う。だが、角膜というレンズの度が強かったり、弱かったり、ゆがみがあると、ピントが合わなくなる。

その結果、遠くが見えない「近視」や、近くや遠くが見えない「遠視」、あるいは、物が二重に見える「乱視」になる。

レーシック(LASIK)とは、最初に光が通る角膜の形を変える(=矯正する)ことによって、網膜というフィルムに、正確な像が映し出されるようにする治療法である。

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ