増田記念アイケアクリニック ≫ 施術内容紹介

クリスタルZレーシック≫ 適応検査無料

※2012年1月16日に「増田記念アイケアクリニック」は「東京近視クリニック」へ統合しました。

向いている人 Zレーシックよりさらに上位の見え方や、術後の良好な経過を重視する人
施術内容 施術の際に、Zレーシックよりも上位の機種(フェムトLDVクリスタルライン)を使用するため、<質の高い見え方>と<術後の良好な経過>が期待できる。
同院で使用しているフェムトLDVクリスタルラインは、施術中に患者の眼の状態を確認しながらフラップを作成できるため、安全で質の高い治療が可能である。

<フェムトLDVクリスタルラインの特長>

クリスタルZレーシックに使用されるフェムトLDVクリスタルラインの特長は、以下の通りである。

・質の高い見え方の追求

照射されるレーザーが、低エネルギーで、照射スポットも小さいため、非常になめらかなフラップの作成が可能。このため、術後の高次収差を最小限に抑えることが可能となり、クリスタルクリアビジョンと呼ばれる<質の高い見え方>の追求が可能となった。

・術後の炎症等の軽減

低エネルギーのため、照射による組織へのダメージが少ない。
そのため、術後の炎症や、光をまぶしく感じる症状を軽減することができる。


・術後の良好な回復

低エネルギーで、組織へのダメージが少ないため、術後も、組織構造が正常に保たれており、術後の早期回復につながっている。

【施術の流れ】

  • 1・点眼麻酔

    検査データに基づいて診察。問題がなければ点眼麻酔に。

  • 2・フラップの作成

    フェムトセカンドレーザーを照射し、フラップ(ふた)を作成する。

  • 3・屈折矯正

    フラップを開き、適応検査のデータをもとにエキシマレーザーを照射。屈折力を矯正して視力を変化させる。

  • 4・消毒

    フラップを元の位置にきちんと戻し、消毒

  • 5・施術後

    15分程度、回復室で休憩。状態が安定したら診察を行い、問題がなければ帰宅。

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ