増田記念アイケアクリニック ≫ 施術内容紹介

Zレーシック≫ 適応検査無料

※2012年1月16日に「増田記念アイケアクリニック」は「東京近視クリニック」へ統合しました。

向いている人 イントラレースよりも上位のレーシックを希望する人
施術内容 トップビューカメラ搭載のフェムトLDVでフラップを作成し、エキシマレーザー(アレグレット)で屈折を矯正。
施術中も、トップビューカメラで患者の目の状態を確認しながら施術を行なえるため、安全で高品質の治療が可能。イントラレースレーザーによる施術よりもきれいに仕上がり、術後経過も良好。

<フェムトLDVの特長とは>

Zレーシックに使用されるフェムトLDVの特長は、以下の通りである。

・照射エネルギー量が小さい

フラップを作成する際の照射エネルギーが、イントラレースレーザーよりも小さく、また、照射時間も短い。
他にも、角膜切開面が非常にきれいに仕上がる、術後の炎症が少ない、術後にまぶしくなる症状が出る確率が低い、といったメリットがある。

・隙間を作らない重複照射

レーザーが照射される部分が重複するため、隙間ができない(照射もれが起きない)。 そのため、フラップリフトがスムーズである。


・トップビューカメラ搭載

同院で使用しているフェムトLDVは、トップビューカメラを搭載している。これは、施術中の患者の目の状態を確認するためのカメラである。 これによって、患者の眼の状態を操作画面上で確認しながらフラップを作成することが可能となり、安全性が一層、向上した。

【施術の流れ】

  • 1・点眼麻酔

    検査データに基づいて診察。問題がなければ点眼麻酔に。

  • 2・フラップの作成

    開瞼器でまぶたを開き、フェムトセカンドレーザーを照射。フラップ(ふた)を作成する。

  • 3・屈折矯正

    フラップを開き、適応検査のデータをもとにエキシマレーザーを照射。屈折力を矯正して視力を変化させる。

  • 4・消毒

    フラップを元の位置にきちんと戻し、消毒

  • 5・施術後

    15分程度、回復室で休憩。状態が安定したら診察を行い、問題がなければ帰宅。

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ