増田記念アイケアクリニック ≫ 施術内容紹介

コンベンショナルイントラレーシック≫ 適応検査無料

※2012年1月16日に「増田記念アイケアクリニック」は「東京近視クリニック」へ統合しました。

向いている人 レーシック不可とされた人/角膜が薄くて通常のレーシックに適さない人
施術内容 プレミアムアイレーシックで使用する<ビジックス スター S4 IR>の<コンベンショナルモード>を使用。通常のレーシックより角膜を多く残せることがある。また、術後の痛みがほとんどないことも特長(個人差あり)。(ただし、プレミアムアイレーシックやプラチナイントラレーシックにくらべると、夜間のハローやグレア、不正乱視の発生率が上がる。個人差あり)。

コンベンショナルイントラレーシックの特長としては、以下のことが挙げられる。

安全で正確なフラップ作成が可能

フラップ作成時にイントラレースレーザーを使用するため、均一な薄さのフラップの作成が可能である。そのため、シワやズレを起こしにくい、安定したフラップ作成が可能となる。

他の施術が不適応な人にも可能性が

コンベンショナルイントラレーシックでは、ビジックス スター S4 IRのコンベンショナルモードを使用するため、角膜を削る量を抑えることができる。 したがって、プラチナレーシックやプラチナイントラレーシックが不適応と診断された人であっても、施術が可能なことがある。

【施術の流れ】

  • 1・点眼麻酔

    検査データに基づいて診察。問題がなければ点眼麻酔に。

  • 2・フラップの作成

    イントラレースレーザーを照射し、フラップ(ふた)を作成する。

  • 3・屈折矯正

    フラップを開き、適応検査のデータをもとにエキシマレーザーを照射。屈折力を矯正して視力を変化させる。

  • 4・消毒

    フラップを元の位置にきちんと戻し、消毒

  • 5・施術後

    15分程度、回復室で休憩。状態が安定したら診察を行い、問題がなければ帰宅。

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ