natural vision 高輪クリニック ≫ 施術内容紹介

ラゼック≫ 適応検査無料

向いている人 角膜が薄く、通常のレーシック不可の人/角膜のカーブの仕方が通常の範囲外で、フラップの作成に危険がともなう可能性がある人/近視や乱視の度合いが強い人/ボクシング・格闘技など、激しいスポーツをする人
施術内容 角膜上皮細胞をアルコールで柔らかくしてはがすことで、ごく薄いフラップを作成して手術を行なう治療法。通常のレーシックを受けるには角膜が薄すぎる人でも、ラゼックなら受けられる可能性がある。
術後は、角膜上皮細胞が再生するまで、1週間程度、保護用コンタクトレンズの装用が必要となる。
通常のレーシックにくらべると視力の回復に時間がかかるが(2週間~1ヶ月)、衝撃に強いため、格闘技等を行なう人におすすめの治療法である。

【施術の流れ】

  • 1・点眼薬で麻酔

  • 2・角膜をエタノール等に浸して柔らかくする

  • 3・柔らかくなった角膜上皮細胞を取り除く

  • 4・角膜表面から直接エキシマレーザーを照射

  • 5・保護用コンタクトレンズを装用(数日から一週間)

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ