natural vision 高輪クリニック ≫ 施術内容紹介

老眼レーシック(※モノビジョン)≫ 適応検査無料

向いている人 近視/遠視/乱視/老眼があり、メガネやコンタクトレンズを使いたくない人(遠くをはっきり見たい人や、運転する機会が多い人には不適など、向き不向きがあります)
施術内容 片目で遠くを、もう片方の目で近くを見えやすくして、メガネなしの生活を目指す手術。一般にはモノビジョンと呼ばれ、老眼対策として広く普及している。


レーシック用の適応検査以外に、モノビジョン用の適応検査も受ける必要がある。

<モノビジョンを受ける条件について>

モノビジョンにはモノビジョン用の適性検査があり、不適応と判断された場合には、たとえレーシック用の適応検査をクリアしていても、モノビジョンを受けることはできない。
具体的な<条件の目安>と<不適応となるケース>は、以下の通りである。

[条件の目安]

・年齢が40歳以上の人
・視野の狭まりや視野欠損などがない、健康な眼の持ち主であること
・近くを見る際に、老眼鏡が必要な人
・30代であっても、パソコンや手元の作業を長時間行なう人

[不適応となるケース]

・遠くをはっきり見たい人
・職業ドライバーの人や、運転する機会が多い人
・モノビジョン用の適性検査において、モノビジョンに強い違和感を覚えた人
・残存角膜が薄いため、再手術が困難な人
・感染、傷、ヘルペス、眼振などといった、眼の病気がある人
・角膜の創傷治癒に影響を与えるような、全身の病気がある人
・心臓ペースメーカーなどの医療器具を体内に埋め込んでいる人
・妊娠中、あるいは授乳中の人
・医師の説明が理解できない人

【施術の流れ】

  • 1・点眼薬で麻酔

  • 2・フェムトセカンドレーザーを使用し、角膜にフラップを作成

  • 3・フラップをめくる

  • 4・めくった部位を通して角膜にエキシマレーザーを照射し、近視・遠視・乱視を治療

  • 5・めくったフラップを元にもどす

  • 6・フラップを元の位置にきちんともどしたのち、自然に吸着させる

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ