レイ眼科クリニック ≫ 施術内容紹介

ZLASIK+(Zレーシック・プラス)≫ 適応検査無料

向いている人 アイレーシックよりも上位のレーシックを希望する人。
施術内容 フラップ作成時に、アイレーシックの際に使用されるイントラレースではなく、フラップ作成専用のFemtoLDVを使用することで、角膜切開面の溶融や周囲組織への侵襲がなく、層間角膜炎の発症を軽減・抑制することができるようになった。アイレーシックよりも、さらに質と安全性の高い治療を実現したレーシック。
患者個人個人のライフスタイルや要望に応じた術後屈折値の選択と微調整、暗所瞳孔径や残存角膜厚を考慮に入れたエキシマレーザー照射径のカスタム設定など、術者の経験や技量に依存する「ARTプログラム」などのマニュアル制御を付加し、さらに質の高い施術を行なっている。

FEMTO LDVとは

FEMTO LDVは、マイクロケラトームの最優秀機種と称いわれるAMDEUS IIを製造したZiemer社が、年月をかけて開発・熟成させた、新世代のフェムトセカンドレーザーである。
他製品のエネルギー量がミクロン単位であるのに対し、FEMTO LDVでは、ミクロンの1000分の1である、ナノレベルでのレーザー照射が可能。低エネルギーで緻密な高周波数での照射が行なえるので、角膜切開面の溶融や周囲組織への侵襲がないというメリットがある。
そのため、回復が早く、手術痕が残らずにきれいに仕上がるほか、術後炎症も少なくなった。また、唯一の透明組織である角膜の透明性を、術後も保つことが可能。
手術の際に、フラップ作成後、ベッドや部屋を移動したりせず、そのままエキシマレーザーの照射を行なえるため、トータルの手術時間も短縮された。

FEMTO LDVの特長としては、以下のことが挙げられる。

1・フラップ作成に特化された機能を持っている。

2・1ショット(照射)あたりのエネルギー量がとても小さいため、角膜への影響が少ない。

3・低エネルギーの小さなスポットを高頻度で発振させるため、切断面が滑らかでスムーズである。

4・照射後も、正常な角膜組織の繊維状構造が保たれるので、組織への障害が少ない。

5・照射後にベッドや頭の位置を動かさずに、すぐにフラップリフトが可能である。

6・OBL(opaque bubble layer)が発生しないため、エキシマレーザー照射まで待つ必要がない。

7・エッジカットの際に大きなエネルギーを必要としない。そのため、なだらかなカーブのカットとなり、エッジ痕が目立ちにくくなる。

8・術後の炎症が少なく、DLK(層間角膜炎)の発症も少ない。

9・術後に患者が羞明症(術後の眩しさ)を訴えることがほとんどない(=羞明症の発生率が低いことが推察される)。

<アドバンスド・カスタムビューとは>

ZLASIK+には、アドバンスド・カスタムビューも使われている。これは、高次収差を補正し、より質の高い視力を得られるようにするレーザー照射技術のことである。
人間の目には、個人個人で異なる、高次収差と呼ばれる光学的なひずみがある。 Advanced CustomVue(アドバンスド・カスタムビュー)は、この高次収差を測定し、ひとりひとりの眼の状態に合わせて、より的確な角膜切除を行なうことができる。
従来の照射方法にくらべると、ハロやグレアなどの夜間視力への影響が少なく、コントラスト感度に優れている。また、術後の屈折値の安定(近視化が少ない)、手術後の裸眼視力が、手術前の最高矯正視力を上回ることがある等、良好な結果が報告されている。

VISX STAR S4 IRとは

ZLASIK+において、角膜の矯正用に使用されるエキシマレーザーは、VISX社製のSTAR S4 IRである。

これには、以下のような特長がある。

・より理想に近い切除面を得られる照射システム

VISX STAR S4 IRでは、Seven Beam Scanning Systemにブロードビームと可変スポット照射を組み合わせたレーザー照射を行なう。 VSS(Variable spots scanning)によって0.65mm~6.5mmまでの色々な大きさのスポットサイズを組み合わせて照射することが可能なこのシステムは、フライング・スポットとブロードビームの双方の利点を合わせ持っている。 さらに、レーザー照射中の角膜の温度を一定に保てるように、レーザー照射の大きさとスピードを変換しながら照射を行なうVRR(Variable Repetition Rate)も組み合わせられており、短時間で、従来よりもさらに表面をなだらかにできるようになった。

・照射ズレを起こさせないアイトラッキングシステム

アイトラッキングシステムとは、手術中の目の動きを3次元的に(=前後・左右・上下に)自動的に追尾し、さらに虹彩紋理の認証により回旋方向も補正することで、瞳孔中心に正確にレーザー照射を行なうことを可能にしたシステムである。
エキシマレーザーは、1000分の1mm単位の精度で照射を行なうため、眼球の位置と処置部位が本の少しずれただけでも、最適な結果が得られなくなる可能性があるのだが、アイトラッキングシステムによって、従来よりもさらに精度が高い施術が可能となった。

生涯保障など、充実したアフターサービスもありますが、値段が高めです。同じ神戸のレ-シック院をお探しなら、神戸神奈川アイクリニックも検討してみてはどうでしょう?

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ