SBC新宿近視クリニック ≫ 施術内容紹介

モノビジョン・イントラレーシック≫ 適応検査無料

向いている人 パソコン使用時の疲れを軽減したい人/乱視度数の強い人/不正乱視のある人/遠くも近くもメガネなしで見えるようになりたい人
施術内容 効き目を完全矯正し、効き目でない方の目を低矯正にすることで、老眼年齢の人であっても、遠くも近くも見えるようにする手術法。

40歳未満の人であっても、パソコンを長時間使用する人の場合、通常のレーシックよりも眼の疲れが少なくなる。近視・乱視が強くても、手術が可能。
また、同院では収差解析装置を使用し、個々の収差を正確に測定して、患者個々人に合わせたオーダーメイドな矯正を行なっている。なお、この手術に適応できるかどうかについて、事前に入念な検査が必要。そのため、検査当日の手術は不可となっている。

【施術の流れ】

  • 1・洗眼と点眼麻酔

    洗眼し、麻酔用の点眼薬をつける

  • 2・フラップ作成

    角膜実質にイントラレースFS60レーザーを照射。均一なフラップを作成する

  • 3・翻転

    フラップをめくる

  • 4・エキシマレーザー照射

    エキシマレーザーを角膜実質層に照射、角膜の屈折率を矯正する

  • 5・洗浄

    フラップを元の位置にもどし、フラップ下をよく洗浄して余分な異物を徹底的に洗い流す

  • 5・フラップ接着

    フラップが自然に接着されるのを待つ(数分間)

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ